「百聞は一見に如かず」「一見さん御断り」会話で覚えることわざ2

百聞は一見に如かず:人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうがたしかであり、よくわかる。

一見さんお断り:お店に全く関わりのない初めての人は入店を断られる場合がある事。主に京都の料亭にそのような店が多いと言われている、最近は緩くなっており、一見さんでも入店可能な店も増えている。

 

ハンバーガーショップにて

店員
「いらっしゃいませ。
あ、うち、百聞さんはお断りなんです。」

 


「一見さん御断りな。なぁ、京都の老舗か、ここは。よく、チェーン展開できたな。」

 

店員、ドヤ顔で
「百聞は一見に如かず」

 


「わけわかんねーよ。頭の中どーなってんだ?いまの、一見が百聞に勝ったわけじゃないから。どっちも、老舗に負けてるから。

 

店員
「なに言ってるかわからないです。」

 


「お前だよ」

 

<石原一>

 

デジタル大辞泉コトバンクから)

https://kotobank.jp/word/%E7%99%BE%E8%81%9E%E3%81%AF%E4%B8%80%E8%A6%8B%E3%81%AB%E5%A6%82%E3%81%8B%E3%81%9A-612782

wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%A6%8B%E3%81%95%E3%82%93