「アフィリエイトブログになり損なった」エッセイ

アフィリエイトブログとはなにかといわれるとよくわからないけれど、やたらとアマゾンの商品ページのリンクが貼ってあるブログだと思えばよいとおもう。ブログに訪れた人が、アマゾンからその紹介された商品を買うと、ブログに売り上げの一部が入ってくるという仕組みらしい。アマゾンにとっては商品の宣伝をしてもらえるわけで、読者にとっては良い商品を教えてもらえたわけで、ブログ主にとっては紹介料が入るわけで、素晴らしいシステムだと思う。

ただ、なんとなく、アフィリエイトブログというのは、あまりよく思われていない節があるようにおもう。けっこう、気分としては、だまされたような気がするような、ブログも少なくないからだ。僕が経験したのは、「メンズファッションの基本を紹介」というようなタイトルで、はじめのうちはなんとなく、ファッションの基本を教えてくれそうな気がしなくもないような書き出しなのだが、すぐ、ただ単に、財布とか鞄とかコートとかの商品紹介写真がただひたすら貼り続けられているだけになる、というブログだった。こういうのは程度の差はあれ、結構少なくないと思う。また、実際に時間を無駄にしたという実害以上に、アフィブログの印象が悪い原因は、おそらくそういうサイトが、結構儲かっていたりするからではないだろうか。ただ写真のリンク貼っているだけで、他人の商品で、金を稼いでいる、というようなこともあるかもしれないし、そう思っている人はいる。

それで、私もアフィリエイトを利用して、学費の足しにしようと思って、申請しました。しかし、アマゾンに断られてしまいました。なぜなのか。

以前、ある画集のアマゾンのリンクを貼ったことがありました。

 

www.ishiharahajime.net

それを見てもらえればわかると思うが多分、僕の商品紹介には愛がありすぎたのだと思う。ぼくは商品紹介というよりは、画家、画集に対する愛や賞賛を綴っていたから、駄目だったんだ。ぼくのは、本当に、僕が価値があると思うものをみんなに知ってもらいたかったという、その気持ちでアマゾンのリンクを貼っていたから、アフィリエイトにしては精神の高貴さが不釣り合いだったんだな。

ぼくは、志を同じくするタイプの人間を探し求めている。そして、そういう人に、自分がいいと思ったものを教えてあげたいと思っている。また、それをどのように思ったのかも聞いてみたいと思う。それが、この画集のというか画家の紹介の根底にある一つの考え方でした。

だから、別にアフィリエイトをアマゾンに認めてもらえなくても、僕の目的はすでに果たされているから、問題は全くない。もし、ぼくの目的に果たされていない部分があるとすれば、それは、僕の画集への称賛が作者にまだ届いていないことだけですね。僕は一人のファンに過ぎないから、僕の思いが画家に届く必要は別にないんだけど。

アフィリエイトが認められなかった原因はしっかりと調べて、また申請しようと思っています。

 

<石原一>

 

追記

そういえば、ほかにも、アマゾンのリンクを貼ったことがありました。結構面白いと思うので、ぜひ見てみてください。

www.ishiharahajime.net

www.ishiharahajime.net