力作のラブレターを図書館のコピー機に置き忘れた

書き終えたラブレターが力作に思えても、図書館でコピーするのはやめた方が良い。原本をコピー機に忘れると、図書館から電話がくる。

「ラブレターをお忘れになりましたね」

「はい…」

恥ずかしい。

「取りに来てください。あと、コピーできるのは、館内の資料だけとなっております。今後はおやめください。」

「すみません。」

死ぬほど恥ずかしかった。二度とやらない。

 

後日取りに行った。

「すみません。あの、手紙をコピー機に置き忘れたものなんですけど」

「あぁ、あの」

あの!?

「少々お待ちください」

控室からもってきた、本文が11枚で追伸が2枚付いている、ぼくのラブレター。

本人のものか確認しないといけないらしい。

手紙には名前が書いてあるから、係のひと、名前を探す。普通は、一番最後に書いてあるから、難なく見つかるものだけど、追伸が2枚もあるから、予想外に見つからない。彼は、一番前から、一枚ずつ、めくって、名前を丁寧に確認していた。

恥ずかしいからやめてくれ。

やっと見つけたらしい。

「いしはらはじめさんですね。」

「はい」

「あの、ご本人と確認できるものの提示お願いします」

仕方なく、学生証を出す。名前も年齢も学年も、学部もわかる。あーあーあー。

「はい、大丈夫です」

「どうも」

ぼくは、すぐに、数メートル先にある出口に向かった。

出口のあたりで後ろから呼び止められた。

「すみませーん。すみませーん」

「はい」

なんなんだよー。

「すみません、忘れてましたが、館内でコピーできるのは、館内の資料だけになってますので…」

二度と、やらない。

 

二度と、やらない。

 

<石原一>

今日はなんだか、書く元気がなかったので、昔話です。